Featured  •  アートコレクターの皆さま

最適なフレームの選び方

アート作品は、絵の具を塗り終わったところが終着点とは限りません。 絵画や写真、ドローイングに適したフレームを選ぶことで、お気に入りの作品を最高の状態で展示することができるのです。 今回は、あなたの作品ぴったりなフレームを見つける方法と、その選択を手助けする、Singulartの新しい「フレーム機能」をご紹介します。

フレームを選ぶために最も簡単な方法は、3つの重要な質問の答えを考えることです。

1.フレームの目的は何ですか?

額装の目的は、作品の保護ですか?それとも装飾のためですか? 作品の保護を優先するならば、素材や実用性をより重視しましょう。 本来額縁を必要としない作品であっても、美しさを追求するために、さまざまなスタイルを試すことが可能です。 ここで重要なのは、たくさんの選択肢に翻弄される前に、まず自分が何を重要視したいのかを決めることです。

この写真は保護ガラスの装着を重要視したため、シンプルな木製のフレームで仕上げることで、輝きのバランスをとりました。

2.あなたの絵はどこに飾る予定ですか?

作品を飾る場所のインテリアからヒントを得て、空間にシームレスに調和するフレーム、あるいは逆に、空間内で際立つものを選びましょう。 ミニマルなインテリアの空間には、渦を巻くような華やかなゴールドのフレームは似合わないかもしれませんが、シンプルな構造で艶のある色の額装は、インテリアのスパイスになるかもしれません。

新しい家に引っ越すなら、購入したアートとそのフレームから、他の空間のトーンを決めるのも良いでしょう。 例えば厚みのあるダークブラウンの木枠は、これから揃える家具のトーンを決定づけたり、また強い色彩は部屋全体のインテリアのテーマとなる可能性があります。 壁の色は何色ですか? 部屋の明るさは? ソファやテーブル、既存のアート作品のフレームは、どのようなスタイルですか? ここで大まかに考えておくことで、詳細を決める時のストレスが大きく軽減されるはずです。

ここでは、壁の色と写真の色をリンクさせています。 金色の細いフレームは、黒や白のフレームのようにインテリアの雰囲気を壊すことなく、作品と壁の間にパーフェクトな一線を引く役割を果たしています。

3.どのような作品を飾る予定ですか?

さて、これまで作品が映える空間について考えてきましたが、次は作品そのものについて、さらに考えてみましょう。 作品中に花や色など、フレームによって強調できる特徴はありますか? 下記の画像をご覧ください。 ここでは、パステルカラーの作品に黒いフレームを合わせることで、より洗練された、メリハリのあるイメージを演出しています。

Singulartでフレームを選ぶ

Singulartの額装機能が新しくなりました!お気に入りの作品によしシンプルかつ簡単に、フレームをお選びいただけます。 購入する作品が決まったら、すぐに飾っていただける完璧な仕上がりでご自宅に届くよう、額装についてもご検討ください。

各作品ページの右下にある「額装を追加する」ボタンから、額装オプションページにアクセスいただけます。
お選びいただける額装オプションをクリックしていただくと、作品と合わせた時にどのように見えるか、シミュレーションをご覧いただけます。

ご希望通りのフレームが見つかりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。